塗りこみ・ポリッシャー

ワックスを塗る順番については「上から下に塗っていく」と言うことですが、ワックスを塗りこんでいくときにも注意が必要になります。まず、ワックスは丸くかけていくものだと良く思われますが、これは大きな間違いなのです。なぜかというと、丸くかけてしまうと仕上がりのときに光のあたり具合で乱反射をひどく起こしてしまうことになり、結果的にワックスの塗りこみ具合にムラを出してしまうことにつながってしまいます。それから水をはじく効果にかんしてもムラが出てしまい、水のはじきが良い部分と悪い部分が出てきてしまいます。

これを回避するためには、丸く塗りこまずに決まった方向に均一の力で塗りこんでいくようにしましょう。そしてもうひとつ、ワックスがけにつかう道具として「ポリッシャー」と呼ばれるものがあります。これはワックスが要らなくなる機械なのですが、クルマについている汚れや小さなキズを研磨することが出来、それによってつやを出すことが出来るので結果としてワックスがいらなくなるのです。またワックスを塗りこむのにもつかえる機械であり、これもまた均一の力で同じ方向にワックスをつけすぎないようにしてから塗りこむようにして行きましょう。