ワックスがけのコツ

ワックスがけも後半戦に突入していきます。まず、ワックスがけをしたあとにはそのワックスをふき取る作業に入っていきます。ワックスは塗ったままの状態で放置しては絶対にいけません。なぜかというとワックスも油の成分が入っているものですから、このワックスを放置してしまうとクルマにしみが出来たり、色にムラが出たりといったことになってしまってクルマを汚くしてしまう原因になってしまうからです。

なので、ワックスがかわいてしまうとそうしたことになりますので、放置せずにワックスをかわかないうちに拭き取るようにしなければいけません。そうしてワックスを拭き取った後は仕上げに入るわけですが、ワックスを拭きとったあとも完全に作業が終了するまで気を抜いてはいけません。何故ならワックスを塗る前におこなったマスキングのはがし方によって、クルマに傷をつけてしまったりテープのノリをのこしてしまうことになりかねませんので、仕上げまで気を抜かないようにしましょう。

また、ワックスがけは身体全体をつかう肉体労働で意外と重労働でもありますから、体調の優れないときや時間の無いときはワックスがけをしないようにしておくこともまたひとつの方法です。