仕上げ・確認

ワックスを拭き取ったらいよいよワックスがけもラストの仕上げに入っていきます。まずはワックスがけをする前にクルマにほどこしたマスキングテープなどのマスキングをはずしていくことからはじまりますが、ここで気をつけたいのがあわててマスキングをはずさないことです。なぜかというと、ここで慌ててマスキングを外してしまったときにボディにそのテープの端でキズを付けてしまったり、腕や足などをガツンとぶつけてしまうといったことにもなりかねないのです。

それにあまりいきおい良くはがしてしまうとテープがのこってしまったり、ノリがのこってしまったりと余計な作業を増やしてしまうことにもなりかねませんから、ここまで来たのであれば、ゆっくりと剥がすように手をうごかしましょう。そしてマスキングをはがし終わったら、今度はワックスの拭き取りのこしが無いかをチェックです。

ワックスがのこっているとムラやシミの原因になりますからすみずみまで拭き取るようにしたいものです。とくにドアミラーの付け根や給油口と言う場所は拭きのこしをしやすい場所でもありますから、そうした細かい部分の仕上げをしっかりとやるようにして、完璧なワックスがけを目指しましょう。