走行距離

タイヤというのはどういったタイミングで交換しますか?
タイヤの交換時期というのは実はとても大切なものです。
しっかりと交換時期を見極めて適切に交換しなければ事故などになってしまうこともがあるのです。
ではなぜタイヤは交換を行わなければならないのでしょうか。

タイヤの交換を行う理由としてはタイヤが消耗品だからです。
タイヤは走れば走る程擦り減ってしまいます。
そして、擦り減ってしまうと新品の時と比べて制動距離が変わってしまうのです。
制動距離というのはブレーキを踏んでから止まるまでの距離のことでこれが10m以上も変わってしまうのです。
そのため古いタイヤを使っていると回避できる事故を回避できなくなることもあるのです。

よくタイヤの寿命判断のときにはスリップサインと呼ばれるものが使われます。
このスリップサインを利用することでどれだけタイヤが擦り減っているかというのを確認できるのです。
しかし、スリップサインが正常でも走行距離によっては変えたほうがいい場合もあるのです。
走行距離が5万キロなどを越えている場合などはタイヤを交換した方がいいでしょう。
スリップサインだけではなく走行距離なども見て交換時期を見極めるのが大切です