タイヤの洗浄のコツ

エンジンのパワーはドライブシャフトを伝ってタイヤを回転させるようになっているのですが、そのタイヤはクルマのボディを走らせることの出来る唯一のパーツです。このタイヤが地面についていなければいくら高級なクルマだってただのオブジェになってしまいます。そのような大きな役割を持っているタイヤだからこそ、地面とじかに接しているためによごれやすいのも当たり前です。

このタイヤの洗浄のコツを覚えてしまうことによって見栄えも良くなりますし、タイヤが長持ちすることにもつながります。タイヤの洗浄のコツですが、タイヤとその中に取り付けられているホイールで洗う順番が違います。基本的にはホイールを洗った後にタイヤを洗うことになるのですが、なぜかと言うとタイヤを先に洗ってホイールを後に洗った場合に、ホイールについた泥などの汚れがせっかく洗ったばかりのタイヤに飛んでまたよごれてしまうため、結果として二度手間になってしまいます。

それからホイールはもともとのホイールを守るためにホイールカバーを取り付けることもありますが、そのカバーの隙間から汚れが入って来ていることもありますので、ホイールカバーをとってホイール自体も洗うようにしましょう。